Platinum #3776 Century 山中が初めてのプラチナ万年筆でした

Platinum #3776 Century 山中が初めてのプラチナ万年筆でした

今日は朝から体調がいまいちで、出かけるのをキャンセル。
ゆっくり書き物をしてなかったので、手帳と向き合うことにしました。

そんな相棒はこちらでした。改めて「山中」の書き心地はいいな~と惚れ惚れしました。

Platinum#3776Century

初めて購入したのが限定「山中」でした

万年筆欲しい病は衰えなく、益々拍車がかかり出した頃、やっぱり評判のプラチナ万年筆のセンチュリーが気になりあれこれ探しまくっておりました。
ある時、ネットでこちらを発見。

始め考えていたセンチュリー シャルトル・ブルー ロジウムフィニッシュにすればよかったのですが
店頭にもネットでもなかなか在庫がなく、手に入りそうになかったのです。
そんな時に「山中」を見つけました。


限定に弱い私。透明軸がどうなんだろう・・・と思いながらも、きっとこの頃流行っていたのか
有名文具店でもオリジナル透明軸を販売しておりました。
お値段もちょい高めでしたが、欲しい病の方がお熱高めでおもいきって購入しました。

「山中」が火付け役となってしまった

「山中」はネット購入。それでも信頼あるお店なので不安はありませんでした。
開封した時の印象は「なんと、神々しい・・・」
ネット上の画像なんかよりも、カット加工のせいかキラキラした印象でした!
ペン先は中字のM。PILOTの中字Mよりも細い感じ。
これが素晴らしい書き心地で、「え!!!」と見た目と書き心地に感動しました!

万年筆の書き心地ってこれが正解か!!!
インクの濃淡ってこういうものか!!!

中字以外ってどんな書き心地なんだろう・・・この考えが末恐ろしいことに・・・
センチュリーは

  • 軸の色・素材違い
  • クリップ・キャップリングがゴールド・ロジウム仕上げ
  • ペン先の豊富さ

と迷える子羊状態にしてくれました。

#3776センチュリー購入計画実行

あれこれ考えて軸とペン先の組み合わせはこうなりました。

  • 極細EF+ブルゴーニュ
  • 細字F+NICE PUR
  • 細字軟SF+シャルトルブルー・ロジウム
  • 中字M+NICE
  • 太字B+ブラック・ロジウム
  • 極太C+シャルトルブルー

在庫とお値段の関係でゲットできたのは、こちら。

随分前に家にあったブランドバックと宝飾品買取業者に買い取ってもらった貯金がありして・・・そのお金で購入。いつもネット購入するお店になかったので、別のお店で購入したのが・・・ダメだったかも。

この3本ともがその後ペンクリニック行きになってしまいました。

ということで、思った書き味が味わえず、この3本からセンチュリーとは距離を取ることになりました・・・

万年筆って難しい

出会えた1本が大当たり!だからといって、同じメーカー・ペン先であっても当たりとは限らないことを知りました。
PILOTは比較的安定感があるとのこと。
しかし、プラチナ万年筆は違いました。
しかも「つゆだく」好きの私にとって、プラチナ万年筆は渋めのインクフローだとか。
「山中」では感じませんでしたが、プラチナ万年筆+プラチナインクは渋々でした。

だからといって「もーきらい!!!」とならないのが、これまた恐ろしいのが万年筆です。

「もっと私に合う子(万年筆)がどこかにいるかも!!!」となってしまうのです。

強い味方のペンクリニック

大型文具店や百貨店で年に数回万年筆の専門家が来られて、書けなくなった万年筆や不調な万年筆を診てくださるイベントをされています。
そのお店で買った万年筆はもちろんのこと、持ち込みでも診てくださります。
私も年2回は診てもらってます。

書き難かったセンチュリー3本も診てもらって、今は書き難かったことが嘘のようです。

新しい万年筆を買う⇒ペンクリニックで診てもらう⇒万年筆が好きになる⇒新しい万年が欲しくなる

この法則が万年筆沼に引き込みます。未だに溺れっぱなしです。

万年筆だけではなくて、今度はインク沼という新たな名所ができて、ここでも溺れました。
それはまたの機会に。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村