万年筆

1/6ページ

ジャーナリングと万年筆「育筆旅」⑦PILOT COSTOM HERITAGE91 山葡萄(廃盤)

こんにちは!no-seです。朝に書いているジャーナリングノート続いてます。それとともに育筆も続けてます。 前回のPelikanM605グリーンホワイトのインクも切れたので、次はPILOT COSTOM HERITAGE91山葡萄にしてみました。 廃盤 PILOT COSTOM HERITAGE91 山葡萄 M字 こちらのCOSTOM HERITAGE91は旧型になります。私が万年筆に夢中になり出し […]

2022年ゴールデンウイーク3年ぶりのペンクリニックで万年筆を調整してもらう 京都丸善本店編 

こんにちは!no-seです。2021年のゴールデンウイークも本日で終了。今年のゴールデンウイークはイベント・仕事・休息・家事とバランス良く過ごせたので、心も体も爽快な感じです。 私のゴールデンウイークのビックイベントの1つ、ペンクリニックへ3年ぶりに行ってきました~ ペンクリニックとは? そもそもペンクリニックとは?と思う方もいらっしゃるかと。 書けなくなった、書き難い、全然使用していなかった・・ […]

ジャーナリングと万年筆「育筆旅」⑥PelikanM605グリーンホワイト

こんにちは!毎日、なんかモヤモヤイライラしてるお年頃(更年期世代)no-seです。このBlogをはじめて300投稿目の記事です!自分ながらよくがんばりました~ さて、このモヤモヤはどこかにぶちまけないとやってられないので、ノートに聞いていただいております。ノートって文句言わずに受け止めてくれる大きな力があります。 以前は「モーニングページ」でぶちまけていましたが、最近は「ジャーナリング」に切り替え […]

プラチナ万年筆#3776センチュリー 極細~極太までのペン先で書き比べ

こんにちは、no-seです。セーラー万年筆・PILOT万年筆と様々なペン先でご紹介しましたが、本日はプラチナ万年筆のペン先書き比べと私の勝手な感想をご紹介します。 初めて万年筆を買う人や2本目、3本目・・・とお悩みの方の参考になればな~と。 1番迷うのは細字にするか?中字にするか?結論から言うと、どっちもありです!1本だけで満足することはありません、それが万年筆の魅力ではないでしょうか??? 使い […]

万年筆 Pelikan M605 グリーンホワイト 開封しました

2021年8月に購入した万年筆が忘年筆となったようです。その忘年筆がPelikanM605グリーンホワイトでした。万年筆と戯れる時間もなく病みだした頃に買っていました。永い眠りからお目覚めです。ちなみに2022年はまだ新年筆を迎えておりません。 PelikanM600/605ホワイトシリーズは4本目 開封の儀。やっぱりホワイトシリーズはいいです。3月に入り、木々が芽吹き始めるかのように、緑が素敵。 […]

中屋万年筆 ふと、次にお迎えする万年筆に思いを馳せる

先日、「次にお迎えする中屋万年筆は・・・」と思いを馳せました。万年筆沼人は常にこういう状態でしょうよ。お気に入りの中屋万年筆を愛でながら、次はどれいっといたろうか?と妄想するのです。 次は十角ツイスト碧溜、その次は十角ツイスト黒溜 軸は十角ツイスト(ライター)←クリップ付碧溜と決まっています。そして、その次は黒溜と決めているのです。 十角ツイストをコンプリートしたいぐらいお気に入りです。お隣の背鰭 […]

モーニングページと万年筆「育筆旅」⑤PelikanM600ヴァイオレットホワイト

2022年万年筆ネタは「育筆旅」からです。こちらは11月に使い始めたお話でして、あれから2月も経っているのかと思うと恐ろしい。 PelikanM600 ヴァイオレットホワイト ここ最近ショートサイズで細字が続いていたので、軸も太めでペン先も少し太めのこちら、PelikanM600のFを選んでみました。 初めて使った時は定番のPelikanブルーブラックを入れていたのですが、ちょっとしっくりこず、そ […]

モーニングページと万年筆「育筆旅」④プラチナ万年筆ショートサイズブラック18k

海外からの入国制限を緩和したかと思うと、外国人の入国禁止だの・・・情報収集に右往左往した日々を送っております・・・そのため、プライベートがズタズタでございまして、何もかもがストップ状態。 何とか万年筆とは暮らしているかな~といったところです。 廃盤プラチナ万年筆ショートサイズ ブラック18k中字 私が万年筆を好きになった頃は、もうすでに廃盤と化していた、プラチナ万年筆ショートサイズ。 同様のスタイ […]

1 6