セーラー万年筆 色々なペン先で書き比べ

セーラー万年筆 色々なペン先で書き比べ

眠っているショートサイズ万年筆を引っ張り出してきたら、これまた眠っている万年筆たちのことが気になり出しました。

 

 

私が持っているセーラー万年筆の全種類のペン先で書き比べをしてみました~

一時は「万年筆はSAILORが1番だ!!!」とSAILORしか使わない!と決めてた時もありました。他のメーカーの万年筆もそれぞれ良くて、あっちがいい!こっちがいい!とフラフラして、現在はオールマイティーにはなりましたが。

コピー用紙に思ったままを書いてみましたので、そのままを転記します。

SAILOR ペン先21kの万年筆

SAILOR プロフェッショナルギア ブラック/シルバー

ペン先:21k M

書き出しがとにかくになめらか。21kというのはこうも柔らかいものだったのか・・・と思ってしまう。Mの太さも国産らしく細すぎず、太すぎず。ノートに書く時、1番ストレスなく書けるんじゃないかな?

SAILOR プロフィット21 ブラック/シルバー

ペン先:21k MF

Mと比べると少しだけ細い。なめらかさはMと変わらないけど、細くなった分鋭さは感じまする。手帳に日記のように長文を書きたい!と思う時に便利な太さかもしれない。(Mではちょっと太いような気がした)ノートはM,日記帳や手帳にはMFが合うと思う。

 

SAILOR プロフィット21 ブラック・ゴールド

ペン先:21k F

国産独特の細字。21kだけど細くなると明らか鋭く感じる(硬い印象)その代わり小さな字はとても書きやすいので手帳など書くスペースに限られている所に、細々と書き込める。細字ブームの今とっても心地よく書けるペン先。

SAILOR ペン先14kの万年筆

SAILOR プロフィットスタンダード アイボリー

ペン先:14k M

21kとの書き比べをしたことがなかったので、驚きです!!全然書き心地が違います。(今更?)21kがしっとりなめらかに紙をなでるような、14kはサッサっとシャープに紙を滑るような。不思議なことに21kは大きめな時となり、14kは小さ目な字となり、書くスピードも21kはゆっくり14kは早く・・・不思議・・・

SAILOR プロフェッショナルギアスリムミニ ローズトープ

ペン先:14k MF

書いてみるとプロフィット21のFに近い太さとで書ける。14kはやはり硬い。鋭く書けるので21kより1段階細くなるような気がする。手帳でも十分小さな字が書けるので、ミニサイズはとても便利である。


セーラー万年筆 新プロフェッショナルギア スリムミニ 金 中細 小型万年筆 プロギアスリムミニ 11-1503 SAPPORO

SAILOR プロフェッショナルギアスリム スカイ

ペン先:14k F

細ーーーい!!!硬ーーーい!!!という印象。えんぴつのHBorHを尖らせて書いている感じ。ペンやボールペン、えんぴつそれぞれ書いたところで字の上手い下手は変わらないので、好みの違いだけだと。細く硬いペン先で書く字も嫌いじゃない。もしかすると、硬いペン先の方がうまく書けるかも!?

 

SAILOR プロフェッショナルギアスリム ブルーベリー

ペン先:14k EF

シャープすぎます・・・ニードルで書くような感じ。ペンクリニックで調整してもらったので、鋭い中でもインク切れがなくスルスルと書けるので、購入時は信頼できるお店で!と身をもって知った・・・(万年筆)

番外:SAILOR ペン先18kの万年筆

SAILOR ショートゼブラ

ペン先:18k F

今は作られていない18kのペン先。柔らか過ぎず、硬過ぎず。私が1番好きなのは18kかもしれない。どの万年筆もこの万年筆のように書き馴染んだペン先になればなーーーと日々書き進めるのみかーーー!

 

まとめ

思ったままを書いているので、文章や???と思った表現がありますが、直感的に残す方がいいと思ったので書き残しました。書いていて、どのペン先も金の配合もSAILORの万年筆は良さがあります。用途に合わせて使い分けが1番贅沢ではないでしょうか?

万年筆の沼に足を踏み入れたばかりの時に「万年筆はSALORしか使わない!」と買いあさりましたが、その頃はオッサン風(ブラック)の軸しかなく使うのにはテンションがあまり上がりませんが、今はSHOPオリジナルの限定品が山ほどあるので、好みの軸を選ぶことができます。私も誘惑に勝つのに一苦労。

どれもこれもいい万年筆なので、どんどん使い込んでもっといい味わいのあるペン先になって欲しいな~と、ただそれだけです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村